出展者一覧

出展者名 小間番号

イギリス発、2003年にスージーとサラの2人の女性によって創られた「本格派」デリケートゾーン*ケアブランド。国際的な薬品メーカーで働いていた経験を持つ2人は、合成・化学薬品が健康へ与えるリスクを心得ていました。そこで彼女たちは、肌に刺激を与えるものを使用しない、それでいて効き目を持つデリケートゾーン*ケアブランドを立ち上げようと考えました。2003年に2人で独立し、天然成分にとことんこだわった、すべての世代の女性の体に安心して使える製品の開発に3年半の時を費やして作られたのがYESです。 *粘膜を除く

NC-01

美や健康を通じて人と地球を幸せに。がコンセプトの会社です。 ・化粧品OEM事業 ・化粧品販売事業 ・マクロビオティック講演会  等を行っております。

NC-02

日本産のオーガニックコスメ、オーガニックコットン、雑貨など天然成分にこだわり、環境と人に配慮したものをお取り扱いしています。

NC-03

化粧品・健康食品・化粧雑貨のデザイン・企画、各種マーケティング事業・コンサルティング事業・PR事業を主とするクリエイティブ企業です。

NC-04

株式会社フォスターは化粧品・日用品のOEMと卸売の商社です。 化粧品・日用品のほか、食品・ベビー用品・生活雑貨・キャラクター版権商品も取扱い御座います。 日本製OEMのご提案では化粧品・ストッキング・フェイスマスク・ハブラシ・ウェットティッシュ等様々なご依頼承り、世界中の貿易出荷業務を承ります。 日本の高級シルク品種 天蚕(てんさん)のOEM商品のご相談承ります。

NC-05

アイデアで人々に笑顔を。 私たちは「アイデア」というスパイスを使い、モノやサービスを通じて人々の生活に笑顔を作り出していくクリエイティブカンパニーです。 長年培ってきたノウハウに基づき、企画、デザイン、製品化(海外・国内)、販売をワンストップにてご提供できる商品企画・販売商社です。

NC-06

私たちは一般社団法人 日本オーガニックビューティセラピスト協会として、オーガニックコスメやハーブ、クレイ、ヘナ、エッセンシャルオイル、フラワーエッセンスなど「植物療法」を用いて、オーガニックエステを運営しております。石油系のコスメやファンデーションに依存する現代女性の肌疾患に着目し、「綺麗より健康を優先させるケア」として100%オーガニック 素材で全身のオイルトリートメントを行います。一人でも多くの女性が「ファンデーションを卒業できますように」という願いを込めて。 また、「オーガニックサロン独立支援」「エシカルサロン推奨活動」として、全国の小さな自宅サロンにオーガニックサロンの独立開業支援指導・商材提供・勉強会等、エシカルサロンの理念をお伝えするなでの支援活動を行なっております。

NC-07

ヘナの輸入製造を始めて約20年。各メーカー様に対するヘアケア製品のOEM受託を行うとともに、天然ハーブの各種トリートメントとハーブパウダーシャンプーの開発を次々と行っています。

NC-08

身体に優しい生理用ナプキンとして近年、韓国で人気を博している「清淡少女」です。 天然竹から作られたコットン100%のトップシート等、「清淡少女」だけの工夫ををぜひ一度お確かめください。

NC-10

アムリターラは、2008年に創業した国産のオーガニックコスメ&フーズブランドです。 「植物性の合成界面活性剤さえ使用しない」など、独自の厳しい基準を掲げ、パワーのある真のナチュラルコスメを企画開発しています。 また体の中からも健康で美しくあるために、サプリメントや自然栽培米、伝統調味料など、インナーケアのラインアップも充実しています。 『いらないものはいれない、ほしいものだけチャージ』というブランドコンセプトを守り、すべての商品の企画開発を行なっています。

NC-11

私に、人に、地球に、そして未来に優しい商品を日本へ

NC-12

埼玉県では、有機農業をはじめとした環境にやさしい農業を支援しています。埼玉県ブースには、化学肥料や農薬を使用しない栽培を実践している「石坂ファーム(株)」、「神田大浦農場」、「(有)加藤ファーム」、「(株)風の丘ファーム」、「ふかや農場」、「埼玉県農業大学校」が出展します。

NE-01

石坂ファームは、国際規格の「GLOBAL G.A.P.」「ASIA GAP」を取得した、オーガニック固有種野菜を栽培するファームです。オーガニック固有種野菜の栽培や販売に加え、農業を活かした環境教育や食農育の普及活動、地域を活性化させる地産地消など、農業の新しい価値を生み出すための幅広い活動を実践しています。 日本農業遺産にも認定された「三富新田」で320年前から続く農法「落ち葉堆肥農法」を現代に受け継ぎ、この地の風土に適合した「固有種」野菜を約100種栽培しています。農薬、化学肥料は一切使用せず、生物多様性を活かした土づくり、種から苗を育て露地栽培にこだわるなど、手間暇かけた野菜づくりでグローバル基準の品質を守っています。(有機JAS7月取得予定)

NE-01

「有機野菜をもっと身近に ~高品質・高栄養価でお手頃価格を目指して~ 」 化学合成農薬を使用しないで高品質・高栄養価の作物を栽培するために、すべての畑で土壌分析をして、過不足なくミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウム、マンガン、鉄など)を畑に投入し、有用菌の培養や堆肥、緑肥などを活用して土作りをしています。 また、より効率的に生産するために、多量少品目栽培で、お手頃な価格でご提供できるよう経営努力をしています。

NE-01

加藤ファームでは約30年の間農薬などは一切使わず、有機堆肥などにこだわり大豆をはじめとした畑作穀物の栽培をしています。 収穫の時には畑からは実の部分だけを取り出し、余分な物は夏作、冬作のそれぞれの作物の肥料として畑に残し還元する自然農法を確立してきました。 土作りには圃場の中に微生物から始まる自然のサイクルが保たれるように心がけています。

NE-01

露地野菜・米・麦・大豆を農薬をつかわず、肥料は堆肥のみ使用し、除草や病害虫には薬をつかわずに取り組める方法を取り入れて栽培しています。このような栽培でも大量に安定して供給できるように努力しています。お客様に「おいしい!」といわれるのが最大の励みです。

NE-01

有機無農薬で年間100品目の野菜、米・大豆を生産・販売、他に人参ジュース・味噌など加工品も販売しています。特に野菜は、固定種・在来種が多く、種取を多くしています。イタリア・フランスの種も使い、味の良さ・姿形の違いでご好評を得ています!

NE-01

埼玉県農業大学校有機農業専攻は、昨年7月に有機JAS認証を取得し、堆肥づくり・ぼかし肥・踏込温床・箱枠による野菜残さ処理など有機農業の基礎を、露地野菜50品目以上を栽培しながら学べる学校です。

NE-01

「オリジナル商品を販売したい」 「自社独自の食材を加工してオリジナル商品を開発したい」 「自社工場を持っているがアウトソーシングに切り替えたい」 「商品イメージはあるが、自社の設備では対応できない」 「コストを見直すため商品のリニューアルをしたい」 お客様の様々なご要望にお応えします。 豊富な原料調達ルート、多彩な生産設備、工場、そして何よりも豊富に蓄積されたノウハウがあります。 食品OEM、PB商品の委託のご相談はお気軽どうぞ。 設計からマーケティング、物流や販売まで一貫して対応させていただきます。

NE-02

日本土壌協会は、土地生産力の増進や土壌健全化の促進とともに、環境保全型農業の推進を図ることを目的に活動しています。また、「全国エコファーマーネットワーク」の事務局を勤めています。

NE-03